痛み対処のステップ3 短時間で痛みに対処する方法

この記事は2分で読めます

痛みの対処ステップ3について

 

※セラピストのための痛み対処の3ステップについてはこちらから
http://wp.me/p7u1BV-c4 (奉身塾ブログ内の記事に飛びます)

さて、ステップ3とは・・・・
 ストレス(主に重さ)を比較して短時間で取る方法です。
どこが症状に深く関係しているのかを知る事ができれば、
アプローチがグッと楽に・早くできるようになると思いませんか?

人の身体のストレスのかかっているところは無数にあります(^o^;)
膝に症状があったとしても、膝以外に悪いところが沢山潜んでいます。

「ここ悪い」

「こっちも悪いな」

「あれ、こんなところにもいらっしゃる」

「結局どれが一番重要なところなんだ?」

と、勉強して人体の構造を知れば知るほど混乱してしまう(^o^;)
なんてことありませんか?

セラピストが陥りがちな問題として、、、
●自分が知っている部分にしかアプローチ出来ない
= 選択肢が限られている
= だから解剖学を勉強する
= 色々問題のある箇所が見つかるようになるが、
その箇所が多すぎて迷う。
もしくは当てずっぽうの治療になる。

●どれが症状に大きな影響を与えているか分からない
= シラミ潰し作戦
= 変化が乏しいのに同じところに介入し続ける

このような状態になっていることはありませんか?
僕も長らくこの状態でした。
ステップ3を覚えてからは、
施術時間短くしても、以前より効果は出やすくなってきています。

では具体的な方法はというと・・・

2箇所の「重さ」を同時に天秤にかけるということです。

比べてみるとストレスの小さい方の「重さ」は軽くなり、
大きい方だけ「重さ」が残ります。
この天秤にかける作業を何回か繰り返せば、
優先順位の高い箇所がわかります。

つまり効果的なアプローチを行う事が可能となります。

この文章だけで、ピンとくる猛者は是非ヤッてみて下さい。

たしか奉身塾の編集中の動画があったような気がするので、
もし見つかればこのブログでもご紹介するかも?

 

また、
8・9月に「痛みの対処の3ステップ」について
セミナーを開催しようかと検討中です。
もう少ししたら詳細をお知らせしたいと思います。

  • 2017 07.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画