病院を退職して1年が経ちました

この記事は2分で読めます

もう3月も終わりですね。

明日から新しい環境で働くためにドキドキしている方も多いでしょう。

僕は病院を退職してから1年経ちます。

色々あって、あっという間の一年でしたね〜。

 

詳細は言えませんが、

理学療法士として、病院に勤務できることの有り難さや、

自分の覚悟・見込みの甘さを本当に味わった一年でした。

 

 

「めんどくさい縛りもないので自由だ〜」

とかとんでもないです Σ(゚Д゚)

正直、自分の時間は病院勤務時代の方がありましたね。

そんな限られた時間の中で何をするべきか?

そして、もっと大切なのは何をしないのか?

を24時間考えなければいけません。

でも、

理学療法士としてのサラリーマン根性が10年以上に渡って染み付いているので、

どうすればいいか発想がでてこない (´・ω・`)

 

そんななかを、

仲間達にダメ出しされながら、一歩一歩進んでいる毎日です。

 

やっぱり自分の先を歩いている人や、本音で語り合える仲間がいるというのは

本当に有り難い!

特に和身塾や奉身塾の仲間がいなければ、

一人だけで始めていたら、

僕は今頃どうなっていたか・・・・、

考えるだけでゾッとしますね (^o^;)

 

「理学療法士としての専門知識・技術があれば、

病院を退職してもやっていける」

なんてあまり思ってはいなかったつもりでしたが、

心の何処かで甘えが有りました。

「そうは言っても〜、痛みの悩みとかなら役に立てるし〜」的な。

全くの思い違いでしたね。

病院と自費の現場では求められるタスクが全然違います。

どうやったら見てもらえるのか、存在を知ってもらえるか、価値を感じてもらえるか。

病院勤務時代には味わえなかった緊張感をヒリヒリと味わっています。

 

今後独立したいというセラピストも多いでしょうが、

超厚かましく先輩ヅラをすると、

「経験者・先輩の話はシッカリ聞いておいたほうがいい」です。

それも、同じ境遇を経験した叩き上げの人から。

 

フワフワした感じで退職して痛い目を見ないようにするために、

  • 本当に病院を辞めることが正解なのか?
  • 今のうちから準備すべきことは?
  • 自分の覚悟は本物か?   等など

話を聴くことで、多くの考える材料を貰える筈です。

 

そしてそんな迷えるあなたにちょうど今ピッタリのものがあります(笑)

元理学療法士で現在整体院を経営されて7年経つ亀田さんが、

独立希望の方向けにピッタリな情報を提供しています。

是非チェックしてみてくださいね〜。

亀田さんのメルマガはこちら
https://my38p.com/p/r/u6zH2yhO

  • 2017 03.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 07.10

    本日の一杯

  2. 2017 01.05

    人生初えびす

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介