無力感

この記事は1分で読めます

先日88歳の女性のリハビリをしました。

左の腰から臀部にかけて、痛みと痺れがあるとのことでした。

簡単な施術ですぐに症状は改善し、身体が軽いと喜んでもらえましたが・・・。

僕はというと無力感で打ちひしがれていました。

 

これまでは症状が改善すれば、僕も嬉しかったのですが・・・、

今はそれよりも、より根本的なところが気になってしょうがないんです。

それはその人の自分自身に対する価値観の変化がつよく見て取れたのです。

具体的には

「高齢だから・・・」

「背骨が曲がっているから・・・」

「何も出来ない・・・」

これらは客観的にみれば今回の症状とは結びつかないのですが、

当の本人には強く結びついてしまっている状況でした。

この価値観で生活している限り、症状はカタチを変えてこの人に振りかかるだろうと。

そんな状況がハッキリと見えても、

解決できない自分は「なんて無力なんだ」と感じた次第です。

 

現状では、

僕よりもTVに出てる訳のわからん権威がある風のおっさんのほうが上・・・。

ルーティンワークで話を聞きシップや痛み止めしか出さない医者のほうが上・・・。

 

この現実を受け止め、もっと強くなりたいと思う次第でした。

 

  • 2016 06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介