身体の気遣いを上げるためにオススメなのは・・

この記事は1分で読めます

ここ2年ほど100kmウォーキングに参加しており、今年も参加するつもりです。

参加する大会によるんですが、だいたいは24時間から30時間以内に歩くというのが多いです。

「なんでお金払ってキツイ思いをするの?」とよく言われますが、愚問です。

元が取れすぎて申し訳ないくらいです。

僕はセラピスト業をやっている人は全員100kmウォーキングに参加したらいいのにと思ってます。

 

なぜかといいますと、普段気付かない身体の使い方の癖が明確に味わえるからです。

個人差はもちろんありますが40km過ぎ辺りから、

ふとももの筋肉が一歩ごとに軋み始め、マメは潰れ足から全身に電気が走り、腰はパンパン・・・・。

まぁ辛かったですね〜。

 

でも普段自分が負担をかけていた場所に気づかせてくれます。

それでも我慢しながら歩いていると痛みが変化します。

身体が勝手に違う身体の使い方をし始めるんです。

この経験をすると患者さんの痛みに対してより共感や対応策がみえるようになります。

 

まとめると、

 ●自分の身体の使い方がレベルアップする!

 ●痛みに対して踏まえて乗り越える経験が臨床でも役立つ!

と美味しいことだらけです。

下手に痛みについてのセミナーでるくらいなら歩いたほうが100倍勉強になりますよ。

その踏まえて乗り越えた経験が、確実に患者さんにも伝わりますからね。

言葉にしなくても患者さんは無意識にセラピストの背景を感じ取られているんで。

 

 

ちなみに今年も参加予定なのでもし興味のある方はご一緒に是非ご一報下さい。

10月に開催されることが多いので、8月くらいに募集かけようかなと思ってます。

ちゃんとフォローしますよ〜!!

ただどうしても不安のある方はこちらのセミナーのほうがお手軽で楽しいです。
images

 

 

 

  • 2016 06.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 07.10

    本日の一杯

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介