ふとももが太い・硬くなる原因は?

この記事は1分で読めます

前回アップした足の負担を軽くする方法について、補足を少々。

 

前回記載した

「足で踏ん張ってしまうから足を痛めてしまう。

その踏ん張りを背骨に逃がすというわけです。」

という現象は臨床でも比較的簡単に検証することができます。

というのも、

大概の人は「背骨に逃がす」ということが

出来ていないため、背骨で支えきれない部分を、

他の場所で固定して姿勢を保っているんです。

固定する場所は人によって様々ですが、

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)が多い傾向にあります。

 

では、やり方です。

●1st Step

大腿四頭筋を触ってみて下さい。

寝てても、座ってても、立っててもOKです。

フニャフニャですか?カッチカチですか?

できればカッチカチの方が分かりやすいとは思います。

その硬さを覚えておいて下さいね。

 

●2nd Step

その状態のまま、

他の人が胸椎を伸展+上方に持ち上げてみて下さい。

結構イタいかもしれませんよ

 

●3rd Step

再度カッチカチの大腿四頭筋を触ってみて下さい。

もし柔らかくなっている人がいたら、

背骨が使えていないという事が言えます。

つまり,

「もっとよく動けるようになれる」可能性があるということですね。

 

  • 膝が痛い
  • 術後に太ももの筋肉がどうしても柔らかくならない

という方にも効果が有るかもしれませんよ?

僕は一気に柔らかくなってビックリした膝痛の患者さんから、

「こんなに変わるんならここ(胸椎)に湿布貼ればいいですか?」

と聞かれました(笑)

貴方はどう応えます?

 

 

奉身塾メルマガを始めました。

興味ある方は下記URLよりご登録をお願い致します。
http://east1123.xsrv.jp/member/formadd/?group_id=3

  • 2016 11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 07.10

    本日の一杯

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介