セラピストとしての僕の葛藤

この記事は2分で読めます

前回の「パッション」という記事より、

「目の前の患者さんが良くならないからといって、

そこまで行動するのか分からない」

と言われることがボチボチありました。

 

 

前回の記事では、

人によっては嫌な思いをさせてしまうかも

と思い書かなかったことを書きます。

 

セラピストとして

辛い思いをしていませんか?

 

僕は理学療法士になって3年目の時に、

本気で理学療法士を辞め、

他の治療が学べる学校へ行こうと考えていました。

 

その理由は2つ

  1. 自己肯定感の低さに耐えられない
  2. 保険に、患者に寄生して生きていく感覚に耐えられない

 

  1. 自己肯定感の低さに耐えられない

患者さんに貢献するのがセラピストなのに、

満足にそれができない自分は価値がない人間だ・・・

さらに、勉強会に行けば、

できる人たちが沢山いる(ように見える)のに

自分はなにをやっているんだ

という葛藤を常に抱えていました。

 

 

2.国に、患者に寄生して生きていく感覚に耐えられない

患者貢献できない僕が、

国や患者さんからお給料をもらうのは、忍びない・・・。

まるで自分が寄生虫であるような感覚になっていました。

辛い思いをしている患者さんの役に立つつもりだったのが、

飯を食わしてもらってる・・・・ような感じ。

 

こう文字に起こして書くとメチャクチャ重たいですね〜(汗)

まさに病んでおりました。

皆さんはこういう葛藤はありますか?

僕は「正しくあらねばならない」

という強迫観念が人一倍強かったので、

こういう感覚だっただけかもしれません。

是非ご意見をお聞きしたいと思います。

 

結構な量の時間とお金を使い、

理学療法士関係の勉強会や、

オステオパシーなどの徒手療法の勉強会に参加しても

この2つの感覚は一行に解決されませんでした。

 

でも今は和身塾で芯伝整体を学び、

セラピストとしての自分の役割に

満足できるようになってきました。

 

この学びがなければ、

今でもセミナージプシー(色々なセミナーを転々と受け続ける)

のままだったと思います。

この学びを、

シンドい思いをしている

セラピストにお伝えしたいと思っています。

本来セラピストという仕事は

もっと楽しんでできるものだと思います。

同じ悩みをお持ちの方は一緒に解決していきましょう!

 

 

追伸:
【①古武術の身体原理を用いた「身体の使い方」奉身塾メルマガ】

今なら期間限定で2万円相当の

【セラピストのための身体の使い方セミナー
の動画5時間分を3月までにメルマガ登録頂いた方に無料プレゼント!
http://east1.link/奉身塾メルマガ/

 

【②4つの特典付き‼奉身塾セラピスト講座体験会も開催中です‼】
http://east1.link/exp2017/

2・3月に開始されるセラピストのための
身体の使い方講座【奉身塾の体験会&説明会】に参加すると・・・
①澤田の整体施術1時間50%OFF
②即、仕事や日常で使える施術動画5選
③学校では習わない「痛み」についての資料
④体験会当日まで秘密

ご参加をおまちしております。

  • 2017 02.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介