奉身塾で得られるもの vol.2 〜てこの原理について〜

この記事は1分で読めます

奉身塾の本講座に昨日も1名お申込みを頂きました!

ラインでの会話しかしおりませんが、

非常に熱い方でしたのでお会いするのが楽しみです!

体験会&説明会は残り2回です。

セラピストとして自信をもって仕事ができる為の方法はもうすぐ手に入らなくなります。

興味のある方は下記リンクをクリックして下さい。

奉身塾体験会&説明会について

お申込みはこちら

 

 

今日はテコの原理についてお話していきます。

この原理は、

手や指に力が入ってしまうという方にとっても大切です。

自分が力んでしまうと相手と一体化することができず、

効果がでない、満足してもらえないものになってしまいます。

 

筋肉には

・トルク発生器

・センサー

という2つの役割があります。

この2つの役割のうち

センサーを最大化させるための身体の使い方となります。

なので力んでいないのに相手に力が伝わるようになります。

 

ポイントは・・・

相手を持ち上げる為に、自分は下がるです。

 

手や指に力が入ってしまうという方は、

いくら力を抜くように意識しても難しいものです。

代替案がありませんからね。

そこで肘や股関節のテコを用いることが重要になります。

できると、手や指に力を入れなくても相手に伝わる感覚が得られます。

 

セラピスト自身の身体が痛いとか、疲れやすいという方には必須の原理ですね。

 

一例の動画を挙げておきますので、御覧ください。

 

 

これの原理もいくら一人で練習しても、

本を読んでも身に着けることは決して出来ません。

練習方法や練習相手を変えながら試行錯誤することで、ようやく出来るようになるものです。

体験会にきて、てこの原理を体感してみませんか?

 

興味のある方は

奉身塾体験会&説明会について
お申込みはこちら

  • 2017 03.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 01.02

    2017年の課題

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介