奉身塾2回目の講座終了

この記事は1分で読めます

少し遅くなりましたが、奉身塾セラピスト講座2回目が終了しました。

 

 

いやぁ、もうメッチャ楽しいです\(^o^)/

みんなモチベーションが高く、

放っておくとずっと練習し続ける人たち♫

似た者同士が集まっているからなのか、

講座後の懇親会では、

「合宿しようぜっ!!」という話になり、

非常に盛り上がっております。

 

 

 

2回目の今回は「ストレス」について3時間ほど喋り倒しました。

体験会でも一部お話はしたのですが、

全くの欲求不満でしたので、

スライド作成中、70枚を超えかけるという自体に・・・(^o^;)

なんとか3時間に押さえました。

 

実際に「ストレス」はどのようなもので、どんな種類があり、

どのように症状との繋がっているのかを説明しました。

その後、実際の感じ方を練習しました。

あまり、理学療法士としては教えては貰えない内容なので、

時間をかけ、なんどもお伝えしていこうと思っています。

 

その内容を少しここでシェアしますね。

僕が採用しているストレスの定義の1つに

「ストレスとは外的圧力に対する内的圧力の応力である」

という言葉があります。

どういうことか臨床で説明すると、

身体が横に太い人はいませんか?

変形性膝関節症の人の膝は横に膨れていますよね?

これも1つのストレス反応です。

力学的ストレスを放射状にして表現するんですね。

筋肉と同様に、骨も凝るんです。

 

このストレスを逃してあげると、

骨すらも細く柔らかくなります。

是非、臨床で試しに触らせてもらってくださいね。

それではまた!

 

 

奉身塾メルマガ登録はこちら

セラピストとして大切な視点を全6回でお伝え致します。

http://east1123.xsrv.jp/member/formadd/?group_id=3

  • 2017 04.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 01.02

    2017年の課題

  2. 2016 07.10

    本日の一杯

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介