施術が上手くなるための5つの鍵 その⑤

この記事は2分で読めます

ココ最近僕が感じている
施術が上手く行くコツみたいなもんを5つにまとめてみました。

ただ何か上手くいかないでは、
なかなか前に進むことが出来ません。
問題を明確にすることでより進化が加速出来るはずです。
彼を知り己を知れば百戦危うからず。
そんな気持ちで整理してみました。

 

施術が上手くなるための5つの鍵

①ストレスが掛かっている場所を見つける

②ストレスをシッカリと支える

③ストレスのかかっている場所が移動するのを感じる

④ストレスの優先順位を付ける

⑤マインドへの対応

 

今回は⑤のマインドへの対応についてですね。

マインドについて話をするとキリがないので、
これまでの内容のまとめ的な感じでお話したいと思います。

 

僕らが施術の際に触れるのは、なんでしょうか?

主には3つだと考えています。

 

1つは組織です。

筋肉
筋膜
ホネ
関節などなど。

組織に溜まったストレス(硬い・重い)を解消するために施術をします。
このことはこれまでに書いてきましたね。

 

 

2つ目は癖です。

③のストレスのかかっている場所が移動するのを感じる
で述べたようにストレスがイラッシャル場所は変わったりします。

癖みたいなもんですね。
この癖があるために、
施術をしても、動くとまた元通りになってしまうって訳です。

なので、
施術をする際には全身を見ながら行います。
そして臥位だけではなく座位・立位など様々な姿勢で行うようにしています。

 

 

最後の3つ目は何でしょう?

それが今回のテーマのマインド、脳味噌の中身です。

色々言えることがありますが、
相手が現状をどう捉えているか?ということが大切です。

 

痛みや障害を抱えている方には、
様々な不安があることは想像に難くないでしょう。

 

そんな中セラピストは、
構造や癖をとるだけで明るい未来を見せることが出来るでしょうか?

 

相手がセラピストに求めていることは、
・相手の思いに寄り添い、
・自分の状況を正しく認識してくれて、
・真剣に考え、寄り添ってくれて、
・最適な未知を提示してくれて、
・躓いてもフォローをしてくれて、
・安心してついてきて欲しいと背中を押してくれる人
だと思います。

 

決して【正しい】施術や指導だけを求めている訳ではないんですよね。

【正しい】人だけが求められる世の中なら、
芸能界には面白い人はおらず苦みばしった知識人ばかりかもしれませんね。

 

僕もとても【正しい】知識・技術をもった人から学んでいたことはありますが、
結局僕はその人についていくことはしませんでした。
明るい未来が見えなかったからです。

あなたと関わることで、
あなたとリハビリをすることで、
あなたの施術を受けることで、
相手に明るい未来を見せられているか?

 

そんな視点で振り返ってみてくださいね。

これで5つの鍵について書いてみました。
如何でしたでしょうか?
疑問な所があれば遠慮なくご質問くださいね。
このメールにご返信頂ければと思います。

 

奉身塾メルマガでは登録してくださった方限定で、

身体の使い方や施術方法などなど講座中の動画のシェアをしていく予定です。

興味ある方はご登録くださいね〜!

お名前  
メールアドレス


  • 2018 04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

奉身塾で得られる3つの武器①