お客の立場になって

この記事は1分で読めます

もうすぐ引っ越しをするため色々手続きをしてます。

その中で「お客さん」としてお店や従業員の人がどんな気遣いをしているのか?という観点で接客を受けると色々と考えさせられます。

 

最近特に印象的だったのは引越し業者の見積もりでした。

2つの会社に見積もりを依頼し、A業者さんは全国チェーンでだれもが知ってるところ。

B業者さんは東海圏メインで、正直僕は紹介されるまで存在をあまり知りませんでした。

A業者さんのほうが説明や設備もしっかりしていて安心感があり、その上値段も少し安いと言った感じでした。

でも最終的に依頼したのはB業者でした。

この選択は妻と全く同意見でした。

 

決め手になったのは・・・・

値段でも、設備でも、説明の仕方でもありません。

B業者はまず見た目がいい!(イケメン・美女は3割くらい得ってのはこのことですかね・・・ズルい)

 

そしてなにより自分の会社が好きで頑張ってるというオーラがバンバン出てました。

楽しみながら仕事をしているという雰囲気に僕らは惹かれたんだと思います。

従業員がこのような思いで働いている会社は素直に凄いと思いますね。

きっと大きくなるんだろうなぁ。

 

セラピストとして自分が仕事しているときは、技術やクライアントの肉体の状態ばかり取られがちですが、

B業者さんのような雰囲気をだせているのか?

会社の従業員がどんな気持ちで働いているのか、どんな環境を提供できているのかと考えさせられるとても良い経験をさせてもらいました。

 

  • 2016 04.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 01.05

    人生初えびす

  2. 2016 07.10

    本日の一杯

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介