また100キロを歩く理由

この記事は2分で読めます

とある場で、

なんで100キロも歩くんですか?

と聞かれました。

 

その理由は、、、

清いものからゲスイものまで色々とあるんですが、

今日は清いもののみ書きます(笑)

 

それは、

自分の身体で実験したいことがあるからです。

つまり、

「自分の理論を検証出来る場」だからです。

 

 

初めて100キロ歩いた時は、

「PTだから、歩行についての知識があるから大丈夫だ!」

と正直思っていました。

 

がっ!

 

実際は想像以上の痛みと苦しみに襲われました。

もうボロボロで、

帰りの新幹線では寝たら確実に起きれないと思い、

身体をツネリ続けアザを何個か作りながら

なんとかギリギリ帰宅できたほどでした。

 

 

その経験を踏まえて思ったのは、

これまでの勉強は、ただの「お勉強」だったと・・・・。

口だけ、頭だけで、

体現出来ていない自分はメチャクチャ情けない

と思ったんですね。

 

 

世の中でも、言動不一致の人多いですよね。

そんな人間、セラピストになりたいですか?

歩行の指導してるけど、その指導で本当にいいの?

と、自分に問いかけた結果、

4年連続で100キロを歩くことになったんですね。

 

セラピストや運動を指導している方なら

是非是非参加してみてほしいと思っています。

 

 

さらに!

ちょっと興味があるけど・・という方に

よりモチベーションを上げる情報を1つ差し上げます。

 

実際に検証して面白かったことを1つシェアしますね。

 

100キロ3回目の時は正直余裕でした。

「これでは勿体無い・・・」

「もっと苦しい思いをしたい・・・」と思い、

息を止めて歩いていました。

 

すると、どうでしょう!

 

腰方形筋のあたりにムズムズと痛みが生じ始めました。

「すわっ!これが酸素不足による痛みの招来かっ!」

とテンションが上がります。

 

 

そして、呼吸を再開すると、

スーッと痛みが消えていきました!

「すげー!!面白い!!!」

とテンションマックスとなり、

暫く呼吸を止めたり、再開したりをしながら

遊びながら歩いておりました。

 

 

どうです?

体験してみたくありませんか?

 

書いているだけでテンションが上がる僕は変態なんでしょうかね?

 

セラピストならメチャクチャ興奮する体験だと思うんですけど・・・。

痛みのある人へのアプローチはここからいくつも工夫できると思うんですよね~。

テンション上がった方は是非100キロ歩いてみて下さいね!

 

 

こんな感じで実践し、実感したものを

凝縮・整理したセミナーを開催します。

 

痛みのアプローチ構築セミナー in東京&大阪

・短時間で循環を上げる方法
・全身の問題点をどのようにチェックするか
・症状に直結する問題点の探し方とアプローチの仕方
などなどお伝えしたいと思います。

 

短い時間ですが、
翌日から応用可能な内容にしようと張り切っております。

 

痛みの改善ができず苦しい思いをしている方は、
是非下記のページをチェックしてみて下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/houshinzyuku2017

※講座後の食事会もあります。
是非とも皆さんと色々お話をしてみたいと思っていますので、
奮ってご参加頂けるとうれしいです。

  • 2017 09.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 09.18

    教育・・・?

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画