優先順位の変化

この記事は2分で読めます

久しぶりの更新になってしまいました(^o^;)
昔の僕は、

国家資格を持っているセラピストとして、

「正しいこと」を伝えることが大切だっ!
と本気で思っていました。

 

プロとして、責任を果たさねばっ!
なので患者さんやセラピストに「正しいこと」を伝えることで、
相手は良くなると思っていました。

 

なのでゴ〜リゴリゴリゴリと勉強し続けていました。
解剖学・生理学・運動学などなど・・・・。
そこに真実があると思っていたんですね。

 

でも今は違います。
キッカケは

論理的に「正しいこと」が、患者さんやクライアントさんが、
一番求めていることなんでしょうか?

変化のキッカケになるんでしょうか?
セラピスト側のただの自己満足になっていないか?
ということを考えるようなったことでした。

 

最近はしっかり説明もするんですが、
それよりもどれだけ相手に、
今後の変化・進化の可能性を自覚してワクワクしてもらえるか?
を伝えるようにしています。

 

最近は若いクライアントさんが多いので、
特に思うのですが、
良くなる可能性がまだまだたくさん埋まっているのに、
もったいな〜いという人がめちゃくちゃ多いと感じます。

「良くなる可能性しかないのに、

こんな現状でいたらもったいないオバケがでるわ」
と思って話かけるので、
クライアントさんも「ワクワクしますね」と言ってくれる事が多いです。
そんな時間を共有出来る時が一番嬉しいですね。

 

ただその場だけ相手の状態を良くするだけでなく、
相手が想像している以上の明るい未来まで見せられるようなセラピスト・・・。

そのためには、
ただ「正しいこと」を伝えるよりも、

相手が

「本当に求めていること」
「面白いこと」

を共有する方が大切だと感じるようになってきています。

そのために、セッションとは一見関係ない話をしている時間の方が長いくらい。

症状よりもその人自身に興味が湧いている自分。

昔では考えられませんでしたね。
皆さんも真面目な話よりも、
下ネタの方が楽しいですよね?
まあ、別に下ネタである必要はないんですが、

あまりに専門的すぎる内容は、
いくら言われても頭には入ってきません。

僕も昔、アトピーの薬の使い分けをなんどお医者さんに聞き直したことか(^o^;)

 

自分はまだまだ「面白い」人間ではありません。

( この話もいくら寝かせても面白くならない・・・(T_T) )

これからも色々なことに挑戦して、

ドンドン変化していこうと思っています。

 

 

※お知らせ
亀田さんとの出会いが僕を大きく変えてくれました。
その恩人が整体院経営ノウハウを伝えてくれる塾を始めています。
独立を考えているPT・OTの方は必見な情報です。
是非メルマガに登録してチェックしてみて下さい!
https://my38p.com/p/r/u6zH2yhO

  • 2017 04.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 02.08

    パッション

  2. 2017 01.02

    2017年の課題

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介