身体のレベルの見方

この記事は1分で読めます

身体の使い方の上手い・下手をどこで判断していますか?

「姿勢がよい」

「動作がスムーズ」

「体が柔らかい」

「筋肉がモリモリ」

「怪我をしない」

いろんな考え方があるかとは思います。

僕なりのイメージは・・・・・・・

「身体の変化が速い人(居着かない人)」です。

説明するのはものすごく難しいのですが、

セラピストとして人を触るときにハッキリと伝ってきます。

一流レベルのアスリートの身体を触らせ頂くと、

悪いところ(硬いところ)はあるんですが、触れた瞬間に逃げていきます。

こちらが治療しようとする前に勝手に変化してしまうんです。

これはどうも無意識にやられているようでした。

反対に一般人や不調を抱えている人の身体は触っても変化が遅い人、

もしくは全く変化しない人がほとんどです。

そのような人が良くなってくると徐々に触れた時の反応が変わってきます。

セラピストと相手がお互いにその変化を感じることができるときは、

セラピストとしてやりがい・幸せを感じますね!!

皆さんはどのような点に注意して人をみていますか?

  • 2016 06.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介