時給500円と3000円どっちで働きますか?

この記事は2分で読めます

今日はセッションの際に、
どんな説明をしているのかをご紹介したいと思います。

 

人には、
問題に対処する能力が備わっています。

この能力が暴走する事で、
様々な症状を引き起こしている事が多いと僕は考えています。

その暴走の仕方は人それぞれ。
その傾向を掴むことがセラピストのキモだと思ってます。

相手の暴走してるところをセラピストが掴めれば、
その場で症状は軽減もしくは消失します。
ただ説明の仕方が残念だと、せっかくの能力も半減してしまいます(泣)

 

最近の僕は、
下記のように説明する事が多いです。
(当然相手によって合わせるので、毎回この通りではありませんよ)

 

(評価をしてから)
「ザッとあなたの身体を見たところ、
一番負担にかがっているとこは●●です。
時給換算すると3000円!」

「でも、痛みの出ている▲▲は
時給500円です。」

「身体がなんとかしようと頑張ると、
無意識に時給のいいところを酷使します。
時給500円と3000円どっちで働きます?
当然3000円の方ですよね?」

「なので、そりゃあもう擦り切れるくらいに
働かせてますよ。
ブラック企業よりヒドイ状態(笑)」

 

「●●を僕が触ると、
▲▲の痛みが変わるでしょう?」
(再現性ある痛みなら動かしたりして確認してもらう)

 

「なので、
自分でやるストレッチやマッサージも、
時給の低いとこにやってあげるのではなく、
時給の高い方にやって上げた方がいいですよ〜。」

 

みたいな感じ。
他にも色んな小ネタをはさみつつ話す事が多いです。

まぁ時給の値段は、
手応えに応じて感覚(正直テキトー)で言ってますが(笑)

「正論」をただただ押し付けるのではなく、
しっかりと相手と変化を共有して、
セッションを進めて行きたいですね。

この様な感覚が掴めれば、
次回の時に変化が分かるようになります。
よくなってきているかどうかを相手の言葉に惑わされない様になります。

例えば
「●●は3000円が1500円になりましたね」とか。
「目指すは全身同じくらいの時給ボディなんで、もうちょい続けましょう」とか。
段階を踏んでいると自分も相手もやりがいもてますよね?

 

そんな感じにできるための
概要セミナーを以前に行いました。
奉身塾セラピスト講座の早期申込特典にはそのセミナー動画もプレゼントしています。

参加を迷われている方はお早めに!

お申込みはこちらから。
https://yamazakishingo.biz/p/r/W8I8udT2

 

 

〜〜〜〜〜〜PR〜〜〜〜〜〜

奉身塾セラピスト講座2期
体感セッション&説明会のご案内はこちらから!
https://peraichi.com/landing_pages/view/hoshinjyuku2

日程が合わないという方はスカイプなどのアプリでも対応します。
お気軽にご相談下さいね。

 

質問や感想などがあればぜひメールくださいね。

  • 2017 11.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画