1. 固くなった(可動域が落ちた)部分を改善するために行うのが、 関節可動域(ROM)訓練です。 徒手で介入したり、道具を使ったりと様々な方法があるんですが、 これらはあくまで手段です。 主な目的は抽象…

  2. 今回山崎さんに和身塾 in 名古屋開催をお願いした動機について説明します。 もっと多くのセラピストに 和身塾の身体の見かた・使い方を知ってもらいたかった。 ということもありますが、 …

  3. ここ2年ほど100kmウォーキングに参加しており、今年も参加するつもりです。 参加する大会によるんですが、だいたいは24時間から30時間以内に歩くというのが多いです。 「なんでお金払ってキツイ思いをするの?」とよく言われますが、…

  4. 僕は腰痛の人も、膝痛の人も、肩が痛い人も必ず全身をチェックします。 (昔はロクな説明もなしに、イキナリチェックしてしまい、 患者さんを置いてきぼりにしてました・・) ただある程度の傾向があり大切なポイントがあるのは事実です…

  5. もしあなたがセラピストをしているなら、 「毎日楽しく仕事してますか?」 僕は高校一年生ぐらいで理学療法士になると決めました。 理由は人に語れるようなもんではなかった気がするけど、 単純に楽しそうだ…

RETURN TOP

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介