痛み対処の事例シェア

この記事は1分で読めます

以前メルマガにてお届けしたのですが、ブログにも書くことにしました。

セラピストとして避けては通れない
「痛みの対処について」

動画を作成しました。

あなたのクライアントさんに
良かれと思ってしていることが、
真逆の結果を招いているかも・・・?

さらにクライアントさんは遠慮して

「あんたのやってくれた後の夜は痛くて、

寝れんのじゃ〜(#・∀・)」

なんてとても言えないと悩んでいる人も多く見てきました。
僕もやってしまっていたことなので、
不安があるようでしたら是非ご覧になってくださいね。

事例もシェアしたいと思います。
リウマチがあり、常に両手が痺れている方が見えました。
ティネル徴候(たしか手根管を叩くやつです)が、
バンバンに陽性の状態でした。

僕の対応はといいますと、、、、
手を触ってみても、
カッチカチでラチがあかない感じがしたので、
手を触りながら他の所をチェックさせてもらいました。

頭→肘→肩→太もも→下腿
いずれも変化はありませんでしたが、
お尻のアナを広げる感じで同側の臀部に触れた時に、
手の感触が変化しました。
そのままティネルテストをやると、
響く感じが半分以下になるとのこと。

「尻を開発しておいてくださいね〜」
と言いつつ、尻開発の自主トレーニングを伝えて終わり。
本人も違いを実感してくれるので、
短い時間で結構満足してくれました。
症状が変化するのを感じてもらうこと、
改善への期待感を提供できると
相手の食いつきがいいですね〜。

精度は低いですし、
まだ後日の検証もしていないのですが、
なにかの参考になればなによりです。

ではまた!

 

奉身塾メルマガ登録はこちら

セラピストとして大切にしている視点を全6回でお伝え致します。

http://east1123.xsrv.jp/member/formadd/?group_id=3

  • 2017 05.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介