起き上がり動作指導・介助方法について

この記事は2分で読めます

最近、奉身塾の生徒さんのコンサルを高頻度でやっています。

その中で、皆さんにシェアできそうなものをご紹介します。

 

起き上がり動作指導・介助方法について

 

起き上がり動作は、

麻痺などの障害のある方にはなかなか難しい動作ですよね〜。

腰を痛めている方には腰痛も出現し易い動作です。

せっかく施術をしても、

起き上がる時には「アイタタッ!」と言われ、

何度凹んだことか・・・・(´・ω・`)

 

施術内容がまずい場合はおいておいて、

なかなか改善しない場合は、

腫瘍などの深刻な問題を抱えている場合もあるのでご注意を!

 

さて、今回は施術後の、

動き方の指導・介助方法についてのご提案です。

 

せっかく、素晴らしい施術をしても、

負担のかかる動作をされてしまっては、効果が続きません。

なので、

より効率良く動くための方法を動画でご紹介しております。

 

 

ポイントは

「手足を引き込む様に使わない」

です。

 

手足に頼った動き方をすることで、

体幹部の力はもれなく発揮しにくくなるんです。

 

相手が自力で難しい場合は、

セラピストが太ももの裏などをもって誘導してあげるといいですよ。

 

他にも頭のある部分を触ってあげると、起き上がりやすくなったりします。
是非色々自分の身体で遊んでみて下さいね〜。

 

そんな動き方や身体の大切なポイントもお話するかも?
今週末の土曜日に名古屋にてセミナー!
(9月には東京・大阪でも開催)

・短時間で循環を上げる方法
・全身の問題点をどのようにチェックするか
・症状に直結する問題点の探し方とアプローチの仕方
などなどお伝えしたいと思います。

短い時間ですが、
翌日から応用可能な内容にしようと張り切っております。

痛みの改善ができず苦しい思いをしている方は、
是非下記のページをチェックしてみて下さいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/houshinzyuku2017

※講座後の食事会もあります。
是非とも皆さんと色々お話をしてみたいと思っていますので、
奮ってご参加頂けるとうれしいです。

 

  • 2017 08.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介