はじめのご挨拶

初めまして。

奉身塾塾長の澤田哲也といいます。

 

奉身塾のコンセプト

セラピストに新しい世界をご紹介し、

志を同じくし、真理を探求し続ける仲間とともに目標を達成することです。

 

その目標とは、

健康産業や医療業界を変えていくことです。

・保険内外でも活躍できるセラピストを増やしたい

(医師とも渡り合える知識・技術を持つ)

・真摯なセラピストが報われるシステムを作りたい

・抽象度の低いセミナーに時間とお金を搾取されない

・自分で自分の健康を守れる人を増やしたい

・病院退院後のフォローもしっかりできる環境を提供したい

 

 

 

奉身塾のコンテンツ

そのために当塾では、

真理を求め続けた先達の偉人(武術家・学者・医師)が残した

知識・技術から学んだものをお伝えしています。

・身体の使い方

・相手との関係を築く方法

・自分を表現し伝える方法

・健康を得る本質と手段

これらを踏まえることで、

物理的なものばかりにフォーカスする治療・施術の限界に気づき、

唯一無二のセラピストになることを目指しています。

 

 

澤田の自己紹介

僕は幼少期より喘息やアトピーなどがあり虚弱な子供でした。

喘息はサッカーを通して鍛えた結果、発作はでなくなりましたが、

怪我しがちでアチコチに痛みがでて接骨院通いをしてました。

またアトピーは改善がなく、半ばあきらめている状況でした。

 

そんな状況で

普通のサラリーマンで机に向かってるのは嫌だなぁ・・・。

という浮ついた気持ちから、

病気や怪我で辛い人の気持ちは少しは分かるからセラピスト業は向いているかな?

自分自身の身体もなんとかしたいし。

と考え理学療法士になることを決めました。

 

でも、大学に入って資格をとり、

いざ仕事を始めてみると・・・

  •  思ってた以上に患者さんが良くならない
  •  これではアカンとセミナーに出まくってもほとんど手応えがない
  •  仕事の不安に苛まれ合コンも楽しめない
  •  医師の指示された部位やメニューだけで、患者を良くすることなんてほぼ不可能。
  •  医師とは大切な部分で分かり合えない状況で話し合いをしても平行線。
  •  簡単に投薬や病状の説明をされてしまうから問題の根がより深くなる。
  •  良くなったら自然回復。
  •  良くならなかったらセラピストの責任。
  •  一向に上がらない給料。
  •  お上の訳の分からん指導にそって増える一方の書類・管理業務
  •  自分自身の身体も改善できない・
  •  医療・介護保険の先行き不安。
  •  既得権益を持っている連中の怠惰さや意味不明な縛り

などなど、

まぁ、愚痴もありますが・・・(^o^;)

 

そんな状況で、

3年目の頃には本気で理学療法士を辞めて他の学校に入りなおそうと悩んだ時期もありましたが、

本当に多くの人に支えられ、10年間ほど病院で生きてきました。

 

でも・・・・、

理学療法士として仕事をするということは、国の仕事をするということ。

つまり、

保険で決められた範囲内での仕事、ルールを守らなければならない。

僕自身はその仕事を一生のものとして続けていくのは無理だと感じ、

病院をやめる決断をしました。

 

その決断をくだせたのも、

和身塾という場所で学んだおかげでした。

理学療法士としてのセミナーやオステオパシーなどの知識・技術だけを学び続けていたら、

決断できなかったのは間違いありません。

 

まだまだ道半ばですが、

奉身塾というセラピスト向け講座を主宰し塾生に恵まれ、

自費(保険外)でのクライアントさんにも恵まれ、

本音で相手と関われるようになり、

医師からも必要とされる状況下での仕事もできる

余った時間とお金でひたすら学び・進化に使える

こんな充実した生活ができているようになってきています。

 

あなたも自分で好きな仕事ができる環境を一緒に作っていきませんか?

 

 

奉身塾メルマガはこちら!

登録していただくと、

セラピストとして大切な要素を音声にて全6回分プレゼントしています!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

 

お名前  
メールアドレス

RETURN TOP

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

施術や動きの動画のご紹介