下肢の痺れに有効だった歯

この記事は2分で読めます

奉身塾体感セッション&説明会へのお申し込みを頂いております。

貴重な時間を頂いているので、有意義な時間となる様頑張ります!

既に東京は残り1名となっておりますので、

迷われている方はお早めに!

 

 

四肢・体幹へのアプローチはよくありますが、

なんとなく頭蓋はなぁ・・・っていう人多くありませんか?

そんなに難しく考えなくてもオーケーですよ。

現に奉身塾の講座内では1日で頭蓋と体幹をやってしまいます。

 

 

大切な事が何かを掴めたら、

個別具体な内容はそのうち勝手に身についてきます。

 

その大事な事とは、

相手のストレスを見るという事だけです。

 

これができる様になれば、

子難しい知識・技術がなくてもオーケーなんです。

(当然構造上ストレスのかかりやすい部位はあるので、

そこは講座でもお伝えはしています)

 

 

今日は歯のアプローチで有効だった症例をご紹介。

 

左足が常に痺れるという30代女性

動けないほどではないが、色んな接骨院や整体にいっても改善せず、

今後の心配をされている状態でした。

 

手足と体幹部のストレスはエゲツないものはなし。

でも左犬歯列に大きなストレスを見つけました。

そこを支えてあげる事で、

即座に痺れが軽減しました。

 

簡単な介入後暫くしてから聞くと

症状は落ち着いていると教えてくれました。

 

これは

●ストレスを見るという事

●ストレスのかかりやすい部位を知っている事

によってスムーズにセッションが進みました。

 

この2つののうち、

後者はセラピストはある程度知っていると思います。

つまり知識レベルではある程度学んでいる機会は多いんです、、

でも後者の様なコンセプトが無いから、

折角の知識を活かしにくくなっている事が多いです。

特に僕は知識だけの人間でしたから _:(´ཀ`」 ∠):

それはスゴく勿体無いです。

 

また知識が無いなら無いで、

相手を決めつけてみないという事がしやすくなるので、

見間違えが少なくなるメリットがあります。

正直いうと優先度ははるかに前者、

つまり、ただただストレスを見るという事です!!

 

知識ばっかりのカシコぶっているセラピストは

なかなか結果を出せないんですよね。

まぁ完全に過去の僕の事なんですが・・・(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

この見方は、

是非多くのセラピストの知っていてもらいものです。

セラピスト人生の大きな武器になる筈ですよ。

そんな技術をお伝えする

奉身塾セラピスト講座の体感セッションに遊びにきませんか?

https://yamazakishingo.biz/p/r/W8I8udT2

 

追伸

「すぐに歯への評価方法を知りたいよ〜」という方は

houshinzyuku@gmail.com

までご連絡下さい。

要望があれば今日動画でも撮ろうかな〜

  • 2017 11.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画