歩行の変化動画

この記事は2分で読めます

今回は自費リハビリスタジオに通って頂いているお客さんに了承を得たので、

もうすぐ介入開始して4ヶ月目となる方の、

歩行の変化動画を作ってみたので、

極々簡単にご紹介したいと思いま〜す。

 

脳出血発症後1年3ヶ月が経過した状態で来店されました。

杖を使用すれば屋外歩行は可能な状態ですが、代償動作が著明な状態でした。

動画はトレッドミル上で、

  • 手すり使用
  • 牽引装置使用
  • セラバンドで麻痺側のスイングをアシスト
  • 時速は1.0km/h

と言った状況でした。

 

現在、もうすぐ介入して4ヶ月経ちますが、

  • 手すりは時々使用
  • 牽引装置使用なし
  • セラバンドなし
  • 時速は最高3.0km/h

まで改善してきております。

それでは、動画を御覧ください。

 

まだまだ課題は多いです(汗)

なんせ目標は・・・・

  • 100km完歩
  • ホノルルマラソン完走  ですから!

安定した歩容で、

長時間歩いても疲れない身体になるために、

様々なトレーニングをしてもらっております。

形ばかりの「いい姿勢」は実はストレスかかりまくりなんで、

この方の目標は絶対達成できません。

大切にしているのは、

「如何にストレスの少ない姿勢・動作をわかってもらうか」

を考えてアプローチし続けています。

このわかってもらうことがとても大切ですが、難しいんですよね〜。

試行錯誤の充実したセッションが続いております。

 

皆さんも30時間ほど連続で歩いてみると、

自分の身体にストレスがかかっているか確実に検証できますので、

オススメしますよ(笑)

それは半分冗談ですが、例えば・・・・

たった状態で骨盤の上の腰の筋肉はプニョプニョになっていますか?

パンッ!と張っていませんか?

もし張っているようなら、

残念ながらいい姿勢とはいえませんね。

 

具体的な内容など興味のある方は

奉身塾の体験会にて一部お伝えしたいと思います。

詳細はこちらから

短い時間ですので、お気軽に遊びに来て下さいね〜。

 

  • 2017 01.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画