カテゴリー:リハビリ関係

  1. こんな考えでいませんか? 「セラピストとして腕があれば大丈夫!」 「とりあえず、勉強しておけば、なんとかなるかなぁ」 「国家資格だし、病院に就職できたから安泰だ」 残念ながら、 このような考…

  2. 最近、我が社の専務の紹介で、 リハビリ現場にお邪魔させてもらう機会を頂いています。 今回はその体験をシェアしたいと思います。 バレエ・ダンサーの方で、 回転するために脚を上げた時に、 右ふく…

  3. 固くなった(可動域が落ちた)部分を改善するために行うのが、 関節可動域(ROM)訓練です。 徒手で介入したり、道具を使ったりと様々な方法があるんですが、 これらはあくまで手段です。 主な目的は抽象…

  4. 僕は腰痛の人も、膝痛の人も、肩が痛い人も必ず全身をチェックします。 (昔はロクな説明もなしに、イキナリチェックしてしまい、 患者さんを置いてきぼりにしてました・・) ただある程度の傾向があり大切なポイントがあるのは事実です…

  5. 足を強くする方法 脇の筋肉を揉むと下肢がしっかりと地面につくという内容です。 片麻痺の方や大腿骨頸部骨折術後の方など体重を上手くかけられないために、 動けば動くほど身体に負担をかけてしまう場面をよく目にします。 …

RETURN TOP

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声や動画などプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

奉身塾で得られる3つの武器①