脳卒中発症後に必要なのは治療・リハビリだけではない!

この記事は2分で読めます

脳卒中発症後に必要なのは治療・リハビリだけではない

その内容がこちら!

https://readyfor.jp/projects/stroke-life-adviser

 

脳卒中後の麻痺や高次脳機能障害などの後遺症に対して、
様々なリハビリの知識や技術、
TMSや再生医療や歩行補助ロボット等など、
治療方法の選択肢が増えてきています。

 

また保険外のリハビリができる施設もたくさん増えてきてますね。
でも治療・リハビリの選択肢が増えるだけで多くの人は救われるのか?
と考えたときにどうしても疑問が残ります。

なぜなら
新しい設備や施設、治療方法を使うにはとても金銭的な余裕が必要です。
特に保険外での診療となるとどうしても100%の負担になるのでかなりの額になります💦
金銭的負担に耐えられる方は限られてしまいます。

 

残念ながら現行の
保険サービスの治療内容では満足できない方もすごく多いです。
(これは制度的限界もあるし、セラピスト個々の技量などの問題があると思いますが、これについては別の機会に)

 

そんな現状で困っている方に対して活動を起こしたのが上記でご紹介した川端さんです。

川端さんは脳卒中発症後、
様々な治療方法やリハビリを実施されてこられました。

 

職場復帰し、時には仕事をお休みしながら、それはもう様々なモノを体験してこられました。
おそらくこの人以上に時間やお金と情熱をかけてきた人はいないと思ってます。

 

だからこそ!
色んな治療法・リハビリの内容を体験し、
それにかかる必要な費用負担も知り、
さらに公的な救済制度も知っている。
すごく貴重な話ができる人なんです!

 

川端さんの話によると、
脳卒中発症後職場復帰をしようとしても様々な理由で退職を求められたりする職場もあるとの事。
しかも表立ってではなく・・・。

 

ただでさえ後遺症が残り今後に不安がある中で、働く環境も取り上げられるとなると今後のことを考える余裕などなくなっても当然ですよね。
このような当事者でしかわからない不安や心配、経験をこの川端さんは踏まえて乗り越えてきた人物です。

 

今回川端さんは自身と同じ脳卒中を乗り越えようとされている人に向けて力になる為に、
【脳卒中ライフアドバイザー協会】を設立されました。

 

僕らセラピストはリハビリの知識・技術・態度を磨くだけでなく、
このような社会保障制度やリハビリの選択肢も含めて提供できれば1番理想だなと思います。
かといってその内容を学ぶのは専門家でも大変です。
MSWさんも人によって差がかなりありますしね💦

 

川端さんはその重要な役割ができる人です。
なんと現在さらに社労士の資格まで取ろうとされているので、本当に真剣にこの仕事に人生をかけておられます。
仕事しながら、リハビリしながら、更に勉強と殺人的なスケジュールを送っています。

 

同じような悩みを持っている人に川端さんのような人からのアドバイスこそ1番の力になるのではないかと思います。
ぜひこの活動を知って頂きたい!
また旨もし近くに困っている方が見えたらシェアをして頂きたいと思います!

https://readyfor.jp/projects/stroke-life-adviser

  • 2021 05.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声や動画などプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

奉身塾で得られる3つの武器①