相手の身体の癖を見抜く方法 〜呼吸について〜

この記事は2分で読めます

様々な体調不良の裏側には、
様々な問題が潜んでいます。

その問題を見抜くことがセラピストの腕の見せ所ですよね!

 

今回ご紹介するのは、

相手の身体の癖を見抜く方法 〜呼吸について〜

です。

相手の身体の癖を見抜くことができれば、
それを潰すだけで症状からの回復が始まることもあります。

逆に、

様々な施術や、エクササイズを指導する前にこれを見逃していると、
例え効果的なものであったとしても、
本来の効果を得ることができない、
もしくはマイナスになってしまうこともあります。

 

ではどうするか?
色々な視点があるとは思いますが、
今回は呼吸についてです。
多くの人がマトモな呼吸ができていません。

呼吸は1日に2万回すると言われています。
2万回もカバーしているとかなりシンドいですよね。

そんな状態の人にエクササイズをやると・・・・。
ただでさえ、疲れてんのに効率がいいわけありません。

マトモな呼吸について話すと長くなるので、
とりあえず【腹式呼吸】としておきましょう。
胸を動かさず、
お腹を膨らますってやつです。

 

これをクライアントさんにやってもらうと、
代償するパターンが見えてきます。

具体的な癖の徴候とは

  • 首や肩が痛くなったり
  • 手指がワナワナしたり
  • 太ももや尻が硬くなったり
  • 腰が反ったり

マトモな呼吸を行う事ができないのを、
代わりの筋肉や関節でカバーしているんですね。
これは人によってかなり違いがあります。

 

ちなみに、
10月に参加した100キロウォーキングでは、
咳が止まらない状態からがスタートから60キロ地点まで続きました。
そのせいで、かなりのエネルギーを消費しました。
(ウォーキングでは初めて迷走神経反射を経験しました)
60キロ以降は咳が止まったので、
エネルギーを回復しながら歩くことが出来て、
余裕がでてきました。

このことからも、
呼吸がまともに出来ない状態というのは、
かなりキツいものだと身を持って体験できました。
僕は首から頭にかけて代償を働かせる癖があるようですね。

 

チェック方法

腹式呼吸をやってもらいながら、
相手の首や肩、手や足など全身を
目カッポジッてよく観察してみる。
以上です。
意外なところで代償する人もいますので、
注意して見守ってて下さいね。
動作においてもその癖は顔を出すこともありますので。

 

アプローチ

  • 本人にその癖に気づいてもらうこと
  • 呼吸に関与する組織の柔軟性を高めること
  • 姿勢・動作においても代償を出さない負荷設定をする

本人に気づいてもらうだけで、
時間はかかりますがかなり変わることが多いんですよね〜。

その他の柔軟性向上や運動指導は各自工夫してやってみて下さい(笑)

 

色々施術や運動指導をする前に、
相手の呼吸がまずマトモな状態にあるのかどうか、
目をカッポジッてチェックしてみて下さいね。

 

奉身塾では、このような様々な代償を見抜くコツ、指導するコツも
体感を交えながらお伝えをしています。

奉身塾セラピスト講座体感セッション&説明会開催中です。

詳細はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/hoshinjyuku2

 

それでは最後までお付き合いありがとうございました!

  • 2017 12.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

介入前後の比較動画