施術や運動指導などの効果が出やすくなる要因

この記事は2分で読めます

僕は現在仕事に一つとしてデイケア運営のお手伝いをしています。

 

いち理学療法士として20分のリハビリをすることもありますが、
主には施設内をフラフラ徘徊して
介助をしたり、
皿を洗ったり、
暇そうにしている利用者さんを見つけては、
声かけて話をしているなどをしております。

 

声をかけたときに、
体の調子の悪いところをちょちょっとアプローチすることもあるんですが、
最近すごく効果が出やすいと感じます。

知識・技術・マインドを磨き続けてはいるんで、
もちろんその効果もありますが、
それとともにもう一つ重要な要因があるなと感じていることがあります。

 

それは・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

【場】ができているということです。

 

利用者さんは、
要介護・要支援と判定されている方々です。

痛みや痺れなどの症状があって、
身体面に多くの不安を抱えていたり、

無力感や人間関係などの
精神面にも多くの不安を抱えています。

 

僕が関わっているデイケアで大切にしていることは、
・地域の利用者さんが安心して過ごせる【場】であること
・職員がお世話する【場】ではなく、学ばせてもらう【場】であること
これは院長が施設を立ち上げる際に考えていたことだそうです。

上記を念頭に介護士、医師、看護師が協力しあっているので、
利用者さんもスタッフも過ごしやすい【場】となっているように感じます。
(なかなかこんな【場】もないかと思いますが・・・)

実際にこのような【場】であるからこそ、
利用者さんは安心して、
スタッフの一人である僕に身を任せてくれるんですね。

 

声掛けや、
施術、
運動指導などとてもスムーズに受け入れてくれる感覚があります。

 

この安心感のある【場】というものがとてもとても大切だと
最近つくづく感じます。

 

どんな素晴らしい施術をしたとしても、
相手が受け入れる環境になければ効果が100%発揮されることはありません。

 

知識や技術を磨くことも大切ですが、
働いている【場】はどうなっているかを
意識してみるのもいいのではないでしょうか?

 

お付き合いありがとうございました!

  • 2019 05.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 02.08

    パッション

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声や動画などプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

奉身塾で得られる3つの武器①