カテゴリー:痛み対処

  1. 最近、我が社の専務の紹介で、 リハビリ現場にお邪魔させてもらう機会を頂いています。 今回はその体験をシェアしたいと思います。 バレエ・ダンサーの方で、 回転するために脚を上げた時に、 右ふく…

  2. 固くなった(可動域が落ちた)部分を改善するために行うのが、 関節可動域(ROM)訓練です。 徒手で介入したり、道具を使ったりと様々な方法があるんですが、 これらはあくまで手段です。 主な目的は抽象…

  3. ここ2年ほど100kmウォーキングに参加しており、今年も参加するつもりです。 参加する大会によるんですが、だいたいは24時間から30時間以内に歩くというのが多いです。 「なんでお金払ってキツイ思いをするの?」とよく言われますが、…

RETURN TOP

奉身塾メルマガ−求められるセラピストの視点−

登録していただくと、音声をプレゼント!

あなたが
・施術を今よりももっと効果をだすために!
・お客さんから必要とされるようになるために!
大切な視点をご紹介してます。

詳細はこちらから

お名前  
メールアドレス

セラピストパフォーマンスアップ講座〜体幹編〜

身体の使い方レベルアップさせてみませんか?
身体のレベルが上がると相手の身体の情報も捉えやすくなり、施術が楽になりますよ。

まだまだ一般には広まっていない体幹の使い方をお伝えします。

セミナー詳細はこちらのリンクからどうぞ!

奉身塾で得られる3つの武器①